モンゴで使われている成分は?

モンゴで使われている成分は?

インディアンやモンゴル人というのは、髪の毛がとても太くて、しかも黒々としているというイメージが強くありませんか?

モンゴル人やインディアンの人たちが昔から使っている植物成分を配合したシャンプーとなっているのが、モンゴとなっています。

モンゴル人の人が、どうして太くて黒い髪の毛を保つことができている要因の一つとして、根エキスやイラクサ葉の成分があるからだと考えられています。

イラクサという植物には、ビタミンやミネラル、アミノ酸を豊富に含んでおり、髪の毛に対して十分に栄養素を供給してくれます。

ですから、十分に毛髪に栄養素が行き渡り、髪の毛を太くしていくことができやすいのです。

このイラクサ葉というのは、白髪対策効果や消臭効果、抗炎症効果、血行促進作用があるとされています。

このイラクサ葉というのは、まつ毛を成長させやすい成分となっているため、まつ毛美容液にも使われています。

そして、イラクサ葉は、5αリダクターゼを抑制し、男性型脱毛症になりにくくする作用も期待されています。

イラクサというのは、日本で手に入れることが難しいため、モンゴルに自生しているイラクサからエキスが抽出されています。

そして、モンゴにはサボテンの一種であるユッカの根から抽出したエキスも配合されています。

サボテンというのは、乾燥した過酷な地域に自生しているため、多くの栄養素が含まれているだけではなく、保湿力も非常に高くなっています。

そのため、ユッカ根エキスというのは、髪の毛を丈夫にしていきやすい作用をもたらしてくれるのです。

また、シーバックソーンという成分もモンゴに配合されています。

現地では奇跡の果実といわれているほど、アミノ酸や不飽和脂肪酸、ビタミンといった成分が200種類状含まれている栄養価の高い植物となっています。

そのため、育毛剤以外でも、ダイエット食品として成分が配合されているほどなのです。

Share on GREE
Share on StumbleUpon
LINEで送る
Pocket